ケアクラークの資格を通信で

ケアクラーク

ケアクラーク」とはあまり耳慣れない言葉だと思いますが、「ケア」という名前がつくことから、医療または介護関係なのかな、という想像はつくでしょうか。ケアクラークは職業の名前というよりは、資格の名前と考えるのがわかりやすいかもしれません

 

医療事務という資格はよく知られていますが

 

医療事務は診療報酬に基づいて請求作業をする事務です。対して介護施設などで介護報酬に基づいて請求作業をおこなうのが、介護事務(ケアクラーク)ということになります

 

この介護事務業務に従事する方に対して、その有する知識および技能の程度を評価・認定し、職業能力の向上と、その社会的経済的地位の向上に役立つことを目的とした技能認定資格のことをケアクラーク技能認定試験といいます。

 

介護請求事務は

 

ケアクラークの資格がなければ従事できないというわけではありません。ですが昨今の介護事業所の増加に対して介護請求事務ができる人材は圧倒的に不足しているといえます。

介護請求事務をおこなうには

 

介護保険、介護報酬について理解していなくてはなりません。現在は介護業務にあたっている方が兼任して介護請求事務もおこなっているという事業所が多くみられています。

ケアクラーク 資格

しかし介護報酬は3年ごとに見直され、介護保険そのものの改正も頻繁です。この移り変わりの著しい介護報酬請求事務に携わるには、介護業務と兼任ではなく専門的に知識を学んだケアクラークが従事するのが望ましいといえるでしょう。

 

>>>ケアクラークの資格取得をまずは講座の資料請求を無料

 

ケアクラークはどんな職場で働ける?

ケアクラークの資格が取得できた場合

 

その勤務先としては様々な施設・事業所があげられます。地域包括支援センター、居宅介護支援事業所、特別養護老人ホーム、老人保健施設、グループホーム、訪問介護事業所、訪問入浴事業所、有料老人ホーム、デイサービス、デイケアサービス、サービス付き高齢者向け住宅、そして病院関係など、職場は多岐にわたります

 

介護保険

介護保険が始まったのは2000年と、医療保険と比較するとその歴史はまだまだ浅く、今後の大きな転換や変更が予想されます。しかし、受け皿としての介護施設、介護事業所はまだまだ十分であるとはいえず、業種として介護業界はまだまだ発展の途上です。

 

高齢化社会のスピードが増す中で、介護施設や介護事業所は今後ますます増えていくことでしょう。そして介護を担う人材だけでなく

介護請求事務を担う人材がより必要になっていくことは間違いありません

 

将来的に介護分野ケアクラークの資格を持ち、介護請求事務を担う人材への求人は増えていくだろうことが予測されます。

 

ケアクラークの資格取得方法

ケアクラークの資格を取得して、介護報酬請求事務に従事したいと考えた場合には、大きく分けて2つの方法が考えられます

 

介護事務の担当になる事

 

介護施設・介護事業所など介護報酬請求事務が必要な事業所に就職して、介護事務を担当するようになることです。介護事業所では介護報酬請求事務を担当する人を、専従とせずに他の業務と兼任としている箇所も多く見受けられます。介護事業所の事務職募集の求人でも、一般事務職員を募集している場合も多いですので、求人票をよく確認することが必要となります。

 

そしてある程度仕事に慣れてきたら、ケアクラークの資格を取得しましょう。資格がなくても仕事は続けられますが、やはり資格があった方が様々な面でプラスとなるのでおすすめ

 

先にケアクラーク資格を取得する方法

 

ケアクラーク資格 BrushUP学び

先にケアクラークの資格する選択肢があります。介護事務の分野が全く初めてという方でも、講座を受ければ安心してスキルを身につけることは可能です。自分が学びやすい条件の講座をしっかり選んで1発合格をめざしましょう!

 

講座選びとしては、自分でケアクラークの講座を探して比較し、そこから良い所を選ぶとなると手間がかかってしまいます。そこでBrushUP学びという、資格資料を一括で請求できるサービスを利用するのがおすすめ

 

BrushUP学びは

 

介護・医療・福祉の資格に特化した資格資料請求サイトで、どなたでも無料で利用することができます。ケアクラーク資格取得の第一歩は、資料を見比べて自分に合った講座選びから!

 

まずは無料の資料請求

ケアクラーク 資料請求

 

ケアクラークの資格取得にかかる費用

ケアクラークの資格を取得するためには、どれくらいの費用がかかるでしょうか?

 

ケアクラーク試験の内容

 

ケアクラーク 試験

居宅介護サービス事業所、介護保険施設等における日常的な事務処理、窓口業務、居宅サービス、施設サービスの報酬請求事務等の業務に関するものです。これらの内容は、介護にまったく知識もない方が特別な準備なしで合格するといった類のものではありません。

 

介護保険、介護報酬請求事務といった、一般の方が日頃接することのない内容が試験問題の対象となりますので、資格取得にはしっかりとした学習が必要です。そこで、ケアクラーク資格取得の学習に対して非常に頼りになるのが、各種機関で行われているケアクラーク資格取得のための対策講座です。こういった講座を利用して学習を進めることが、ケアクラーク試験に合格する近道だといえます。

 

ケアクラーク試験対策講座を行っている機関には

 

ケアクラーク 費用

様々な所があります。各養成機関の資料を取り寄せて、講座にかかる費用や講座の内容などを比較検討して、ご自分にあった講座を見つけましょう。ちなみに講座を受講してケアクラークの資格を取得する場合、およそ30,000円〜60,000円くらいが相場となっています

 

資格資料請求サービスを利用

ケアクラークの資格が取得できる講座は数多くあり、それら全てを自分で調べて比較検討するのは結構大変です。
そこでおすすめしたいのが、簡単に講座の情報が見れて資料の取り寄せもできるBrushUP学び

 

ケアクラーク 資料請求

 

BrushUP学びは介護・医療の資格に特化した全国の講座を検索できるサイトで、どなたでも無料で利用することができます。BrushUP学びで資格を検索すると、おおよその講座費用についても確認することができますので、あらかじめ大体のケアクラーク講座費用を確認したうえで、資料を請求することができます。
資料請求の手順もとても簡単

 

まずトップページから希望の資格を選択します。次に一括資料請求を選択します。その次の画面で希望の地域を選択するだけで、受講可能なスクールと費用の一覧が表示されます。表示されたすべてのスクール資料を請求する場合は、そのまま資料のお届け先入力画面に進みますが、表示されたスクール資料の中からいくつか選ぶ場合は、希望しないスクールのチェックを外して、資料お届け先入力に進みましょう。

 

複数のスクールの資料を請求しても、お届け先の入力は一回で済むので楽です。資料送付の申し込みをしてから、大体3日〜1週間程度で各スクールから資料が届きます。もちろん資料はすべて無料で送料もなし

 

BrushUP学びを利用すると、受講料が最安値のスクールや、受講日数、受講スタイルなどがわかりやすく一覧となって確認できます。ケアクラーク資格取得にぜひ利用すると良いかと思いますよ

 

まずは無料の資料請求

ケアクラーク 資料請求