ケアクラークの資格と給料・収入・年収

ケアクラークの資格を取得したら、給料や収入には変化があるでしょうか?また、一般的な介護事務従事者の収入はどのようになっているでしょうか?

 

現在介護サービス事業所で介護事務に従事している方たちの収入は、残念ながら決して高いものではありません。というのも、ご存じのとおり介護業界の収入は介護報酬によるものであり、またその給与水準はすべての業種の中でも低いと言わざるを得ないのです。

 

給与水準は

地域、法人、事業所によってかなり差がありますので、一概にいくらくらいであるとは言えません。ですが、ケアクラーク資格を取得することで勤務先の人事考課で有利に働いたり、資格手当が支給される場合があったり、といったことは考えられるでしょう。

 

ケアクラーク資格は国家資格ではありませんので、資格取得によって必ずこうなりますという確約はありませんが、資格を取得するという向上心、また合格することで得られる仕事への自信、これらは実際の業務に良い影響を与え、勤務先や業務内容の幅も広がり、収入の増加が見込めると言えるでしょう

 

介護事務は

介護サービスを行う事業所から、介護保険の保険者である市区町村に対して、介護報酬請求を行う仕事です。介護サービスを行っているすべての事業所で介護事務の業務は発生しますから、介護報酬請求を行わなければ介護事業所に収入は入ってきません。

 

ですから、介護サービス事業所では必須の仕事です。大変重要な仕事であるにも関わらず、現在多くの介護事業所では何らかの業務と兼務して介護事務にあたっているところが多いのが実情です。

 

しかし近年の介護サービス事業所の増加割合をみると、今後は事業所専従の介護事務業務を担当する人材が必要になってくるであろうと予測されます。そのためにもケアクラークの資格をしっかり取得して、介護事務に関する技能・知識を客観的にも認定してもらい、職業能力の向上とその社会的経済的地位の向上に役立てるようにしていきましょう。

 

 

 

>>ケアクラーク 資格の費用 TOP