ケアクラークの資格を取るメリット

ケアクラークの資格取得で、どのような変化がもたらされるでしょうか?ケアクラークの資格を取得することで得られるメリットについて考えてみましょう。

 

まず現在、実際に介護事務の業務にあたっている方は、ケアクラーク技能認定試験を受験することで日頃ご自身が行っている業務についての評価を得ることができます。日頃の業務で得たことが、ケアクラーク技能認定試験を受験することでさらに学びが深まり、新たな視点で日常業務にあたることができるでしょう。ケアクラークの資格を取得することで、資格手当を支給される事業所もあるかと思いますので、ひょっとしたら収入アップにつながる可能性もあります

 

では介護事務の仕事に就いていない方が、ケアクラークの資格を取得することでどのようなメリットが得られるのでしょうか?

まずは仕事の選択の幅が広がるということが言えます

介護職員初任者研修などの資格取得の際に、ケアクラークの資格を取得しておくことで、求職活動では介護職員の求人も、介護事務の求人も検討することができます。

 

介護サービスの業界へ転職しようと考えている方にとっては、取得しておくことで有利に作用する資格であるといえるでしょう。

 

介護サービスの事業所では、介護事務業務を担当するのが介護職員やケアマネージャーと兼任している、という場合が少なくありません。ですから介護職員として就職したからといって、介護事務の業務にまったく携わらないとは言い切れません。事業所内での業務の変更、部署の異動も考えられますので、チャンスがあるときに資格を取得しておくことは求職活動だけでなく、実際に勤務を始めてからの待遇の面でも何かと有益であるといえます。

 

ケアクラークの資格取得で得られるメリットまとめ

  • 自分自身の業務内容に対する公正な評価が客観的に得られる。
  • 介護に関する知識、技能が深まる。
  • 収入アップの可能性がある。
  • 仕事の幅が広がる。
  • 良い待遇での就職の可能性が高まる。
  • 勤務先での異動、業務変更などに対応できるようになる。

介護サービスの分野は、高齢化社会の拡大とともに今後さらにサービス事業所が増えていくことが予想されています。

 

今後も介護サービス分野の求人数は増えていくことでしょう。その中で、介護事務を担うスペシャリストとしてのケアクラーク資格を取得しておくことは、介護分野で望まれる人材としてプラスに働くことでしょう。

 

 

>>ケアクラーク 資格の費用 TOP