ケアクラーク技能認定試験について

ケアクラーク技能認定試験とはどういった試験なのでしょうか?その試験内容についてみていきましょう。

 

ケアクラーク技能認定試験とは

 

一般財団法人 日本医療教育財団が行う試験で、介護事務に携わる方の有する知識及び技能の程度を評価・認定し、職業能力の向上とその社会的経済的地位の向上に役立てることを目的とした認定試験です。

 

試験の対象となるのは、居宅介護サービス事業所、介護保険施設等における日常的な事務処理、窓口業務、居宅サービス・施設サービス介護報酬請求事務棟等の業務に関する職業能力の評価です

 

試験は年6回、2月、4月、6月、8月、10月、12月の偶数月に行われます。
受験資格は特に問われていませんので、どなたでも受験することができます。受験料は6,000円です。

 

試験内容

学科と実技に分かれています。学科は介護事務知識で択一式、25問を50分間で回答します。実技は介護報酬請求事務で介護給付費明細書作成を2問、60分間で作成します。

 

合否については、学科試験及び実技試験の各々の得点率が70%以上で合格となりますが、この「各々」には注意が必要です。学科が80%の得点率でも実技が50%の得点率だと「各々」が70%以上にはならないので、不合格になってしまうので注意です。

 

学科、実技ともに同様に得点が取れるように準備しましょう。試験結果が出るのは比較的早く、試験日から約1ヵ月後に郵送で通知されます。そして、合格によってケアクラークという称号が付与され、試験結果の通知から約1か月後に合格証が送付されます。

 

学科試験、実技試験の出題領域ですが、学科試験は「人間関係(コミュニケーション)、老人・障害者の心理、社会福祉、老人福祉、地域福祉、社会福祉援助技術、介護概論、介護技術・障害形態別介護技術、リハビリテーション、医学一般、介護保険制度、介護事務業務」の12の領域にわたります。実技試験は介護報酬請求事務で「居宅サービス介護給付費明細書の作成、施設サービス等介護給付費明細書の作成」が求められます。

 

試験は全国各地で行われています。介護保険は全国共通の制度ですので、ケアクラーク技能認定試験も合格すると全国共通にその技能・知識が認定されたということになり、合格証は全国で有効です。

 

なお、学科試験、実技試験ともに参考資料の持ち込みが許可されています。参考資料とは介護給付費単位数等サービスコード票等となっていますが、詳しくは受験票や問い合わせるなどして確認するのが良いでしょう。

 

介護事務管理士について

介護事務関係にはいくつかの資格があります。それぞれ試験実施団体が異なっていることから、同じ介護事務関連資格でも、別々の資格として扱われることがあります。そのひとつに「介護事務管理士」という資格があります。この「介護事務管理士」について、どのような資格であるのかを確認していきましょう

 

介護事務管理士は「介護事務管理士 技能認定試験」といい、技能認定振興協会が実施しています。国家資格ではなく認定資格になりますので、この資格がなければ介護事務の仕事につけないというわけではありませんが、2000年から実施されている介護事務管理士資格取得者は訪問介護事業所、訪問看護事業所、デイサービス、特別養護老人ホーム等の施設、そして病院の療養病棟などの事業所で介護報酬請求事務の業務に携わっています。

 

受験に際しての資格は特に設けられていないため、年齢を問わずにどなたでも受験することができます。試験は年6回実施され、偶数月の第4土曜日が試験日となっています。学科試験と実技試験があり、試験時間は学科と実技を合わせて2時間です。学科試験はマークシート(択一式)方式で10問、実技試験は介護給付明細書の点検が1枚、作成が3枚の内容です。

 

出題の範囲は学科試験が法規(介護保険制度、介護報酬の請求についての知識)、介護請求事務(介護給付単位数の算定、介護給付明細書の作成、介護用語についての知識)となっています。実技試験では介護給付明細書を作成するために必要な知識(居宅サービス、施設サービス)が出題範囲です。

 

合格基準

 

学科試験が100点満点で70点以上の得点、実技試験は介護給付明細書の点検・作成問題ごとに50%以上の得点率で、なおかつ3問の合計で70%以上の得点率が必要となり、学科・実技ともに合格基準に達した場合に合格と判定されます。2000年から試験が開始され、概ね合格率は50%程度と公表されています。受験料は5,700円となっています。

 

合否の結果について

 

試験実施後1カ月以内に郵送にて通知されます。合格者には「介護事務管理士」の称号が付与され、認定合格証が交付されます。試験はインターネットからも申し込むことができます。この試験を実施している技能認定試験振興会では株式会社ソラストと業務提携をしており、株式会社ソラストでは過去試験問題集の販売、受験対策セミナー、自宅模擬試験などを実施していますので、受験を考える方はこれらも確認してみることをお勧めします。

 

 

>>ケアクラーク 資格の費用 TOP